2018年11月

    • 巨人・阿部は5000万減1・6億円でサイン 来季は捕手復帰「優勝の喜び味わいたい」

      巨人・阿部は5000万減1・6億円でサイン 来季は捕手復帰「優勝の喜び味わいたい」
      巨人・阿部は5000万減1・6億円でサイン

      1: ひかり ★ 2018/11/29(木) 18:59:58.13 ID:CAP_USER9
       巨人・阿部慎之助内野手(39)が29日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、5000万円ダウンの年俸1億6000万円でサインした。
      来季へ向け「あと何年できるか分からないけど、優勝の喜びを味わいたい」と見据えた。

       プロ18年目の今季は開幕スタメンを岡本に譲り、約2カ月間代打出場が続く期間もあった。スタメンでは42試合の出場にとどまったが、
      出場すれば随所で勝負強い打撃を披露。プロ入りから18年連続2桁となる11本塁打をマークした。

       今季は一塁で35試合、DHで7試合の出場だったが、来季は3年ぶりに捕手に復帰する。「自分のわがままになるかもしれないけど、
      キャッチャーで育ててもらったので、キャッチャーで終われたらいいなと思った」と理由を話した。

      スポニチ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000145-spnannex-base

       今季は一塁手として開幕スタメンの座を岡本に譲る形となったが、徐々に出場機会が増え、95試合に出場。打率・247、11本塁打、
      46打点の成績を残した。入団以来18年連続の2桁本塁打をマーク。健在ぶりを示したが、「広島のCSが終わったあと、たくさんの選手が引退した。
      自分もいつか来ることと思って、このまま終わったら悔いが残る」と、シーズン後に自身4年ぶりとなる捕手復帰を決断した。

      デイリースポーツ
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000120-dal-base

    • 【速報】丸巨人

      【速報】丸巨人
      3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/30(金)02:16:21 ID:qVp
      no title

    • 西武 巨人戦力外の廖任磊を獲得 渡辺SD「強い球が投げられることが一番の魅力」中継ぎで起用へ

      西武 巨人戦力外の廖任磊を獲得 渡辺SD「強い球が投げられることが一番の魅力」中継ぎで起用へ
      1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/28(水) 17:38:30.82 ID:CAP_USER9
      西武は28日、巨人から戦力外になった台湾出身の廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(25)と契約に合意したことを発表した。

      廖任磊は16年ドラフト7位で巨人入り。2年間で1軍登板はなかったが、今季は2軍で17試合に登板し2勝0敗、防御率2・79だった。
      2メートル1、125キロの体格から150キロの速球を武器にする右腕は、13日の12球団合同トライアウトに参加していた。

      渡辺久信球団本部シニアディレクター兼編成部長は「強い球が投げられることが一番の魅力です。
      外国人枠ではなく、また、当球団には台湾出身のコーチ、選手がいて環境面でもすぐにチームにとけ込めると思います。
      来シーズン、プレーするチームがライオンズに変わることになるので、これを機に、一回りも二回りも大きく変わってもらいたいです。
      中継ぎで起用することになると思います」とのコメントを発表した。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000120-spnannex-base

      no title


      https://www.youtube.com/watch?v=RYpyDt8fITc


      日職 熱身賽廖任磊リャオレンレイ初登板單局2K 巨人VS. 日本火腿

    • <巨人/戸根千明(26)>減額制限いっぱいの25%減1500万円で更改「野球人生で一番つらかった1年間」

      <巨人/戸根千明(26)>減額制限いっぱいの25%減1500万円で更改「野球人生で一番つらかった1年間」
      戸根、減額制限いっぱい

      1: Egg ★ 2018/11/28(水) 12:20:29.53 ID:CAP_USER9
      巨人の戸根千明投手(26)が28日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、減額制限いっぱいの25%減、500万円ダウンの1500万円でサインした。

      4年目の今季は左肘痛のためリハビリ調整が続き、結果1軍登板はなし。2軍では14試合に登板し1勝2敗、防御率2・03。秋季キャンプにも参加した。5年目の来季は貴重な左腕として勝利の方程式入りを目指す。

      「完全復帰するまで4か月間、野球ができなかった。私自身、球団に何も貢献することができなかった。野球人生で一番つらかった1年間だった。来年は左のリリーフとして機能できるようにしたい」と話した。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000071-sph-base

    • 【読売】渡辺主筆は「退院の準備」 巨人オーナー、容体デマ否定

      【読売】渡辺主筆は「退院の準備」 巨人オーナー、容体デマ否定
      渡辺主筆は「退院の準備」

      1: 孤高の旅人 ★ 2018/11/28(水) 17:13:54.39 ID:CAP_USER9
      渡辺主筆は「退院の準備」 巨人オーナー、容体デマ否定  

      「退院の準備に向けて、外出のトレーニングをしましょうかという話。先週の木曜日(22日)には、会社にも出てきた」。28日、東京都内のホテルでプロ野球12球団のオーナー会議が行われた後、巨人の山口寿一オーナーが、入院中の渡辺恒雄(92)・読売新聞グループ本社主筆の状態について明かした。

      「うちの新聞社にも、取材が殺到しました」

      山口オーナーが振り返るのは、16日のこと。渡辺主筆の容体に関する「デマが流れた」と言う。「亡くなったということもあり得ないし、危篤でさえない。事実とまったく違う方向の情報が流れた」
       
      なぜ、誤った情報が出回ったのか。山口オーナーは「宮崎の秋季キャンプで、原監督が最終日(18日)を待たずに、宮崎を離れたということではないか」と指摘。「あれは全く別の用事。監督になる以前から、決まっていた」と強調した。渡辺主筆については「しばらくは病院と会社の往復になるでしょうけど、おいおい職場に戻ってくると思います」。

      また7月から入院している元監督の長嶋茂雄さん(82)についても「回復に向かっていると聞いている。一進一退の状態ではない。胆石を取り除く間に、他のところの体調がすぐれないことがあり、入院が長引いてしまっている」と話した。https://www.asahi.com/articles/ASLCX5FF0LCXUTQP00X.html?iref=comtop_8_02 

    アクセスランキング