2018年11月

    • 巨人・菅野、エースナンバー継承へ「18」背負う 原監督「智之しかいない」28試合 15勝8敗2.14

      巨人・菅野、エースナンバー継承へ「18」背負う 原監督「智之しかいない」28試合 15勝8敗2.14
      巨人菅野が背番18継承

      1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/26(月) 12:09:10.19 ID:CAP_USER9
      巨人・原辰徳監督(60)は25日、菅野智之投手(29)が来季からエースナンバーの背番号18を背負うことを明かした。
      現在背番号19の絶対エースに対し「来季(菅野に)18番をしっかり背負った状態で戦うという話を2人でしています。智之しかいない」と熱を込めた。

      スタルヒン、藤田元司、堀内恒夫、桑田真澄…幾多もの名投手が背負ったエースナンバー。
      指揮官は「監督の立場ではあるけれども、やはり18番の重さというものは感じております」と、その番号の持つ意味を理解している。
      実績も十分で高い志を胸に、エース道をまい進する菅野だからこそ背負う価値があると判断した。

      偉大な背番号を受け継ぐことになった右腕は覚悟を決め、新たな道を切り開く意を決した。
      打診があった際、「いいんでしょうか?」と戸惑いを見せたという。しかし、指揮官の腹はもう決まっていた。
      「智之しかいない」。熱き思いを感じ取った菅野は「分かりました」と受諾した。

      また原監督はこの日、東京・目黒区で開催された「目黒シティラン」のスターターを務めた際に、来季の開幕投手に菅野を指名した。
      来年3月29日の開幕戦の相手は広島。12球団最速の開幕投手公表は信頼の表れだ。

      今月へんとう腺の手術を終えた菅野に「苦しみを越えるといいことがある」と激励のメールを送ったという指揮官。
      来季は栄光の背番号を背負うエースと共にV奪回への号砲を鳴らす。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000005-dal-base

      菅野成績
      http://npb.jp/bis/players/41745137.html
      成績

    • 【朗報】読売巨人軍、有り余るほどの潤沢な資金を使って来期に向けて新兵器を開発

      【朗報】読売巨人軍、有り余るほどの潤沢な資金を使って来期に向けて新兵器を開発
    • 張本勲氏 広島・丸のFAに私見「ロッテはない」

      張本勲氏 広島・丸のFAに私見「ロッテはない」
      張本勲氏 広島・丸のFAに私見

      1: 風吹けば名無し 2018/11/25(日) 09:20:28.63 ID:Niqm4JTW0
      番組では、西武からFAした炭谷、元オリックスの中島が巨人に移籍することを紹介。司会の関口宏(75)が「なんだか皆、巨人に行って。丸さんも巨人でしょう?」と話を振ると、張本氏は「それは分かりませんけど。 広島も絶対出てほしくないでしょうし。最後のチャンスですから丸もしっかり考えて、自分の人生ですから」とメッセージを送った。

      続けて、私見を問われると「それは巨人に来てもらいたい。条件もいいし」と巨人OBとしての思いを吐露。「しかし、残ってもらいたい思いもある。広島だから」と出身地のチームの選手だけに複雑な表情を浮かべていた。
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000067-spnannex-base

    • 巨人・原監督、ナカジ溺愛 背番号、開幕1軍確約…特別待遇だらけ

      巨人・原監督、ナカジ溺愛 背番号、開幕1軍確約…特別待遇だらけ
      巨人・原監督、ナカジ溺愛

      1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/24(土) 21:13:36.24 ID:CAP_USER9
      オリックスから自由契約となっていた中島宏之内野手(36)が22日、巨人との契約に合意。入団会見に同席した原辰徳新監督(60)は、歳月をかけて円熟させた“ナカジ愛”をほとばしらせた。

      入団交渉で即断。年俸1億5000万円の1年契約を結んだ中島は、東京ドームでの会見で満面に笑みを浮かべ、巨人入りの決め手を語った。

      「原監督の言葉、それだけです。『いいときも悪いときも一緒に助け合って戦おう』、『一緒のタイミングで入団して一発やってやろう』という思いを伝えてもらった」

      まるでプロポーズだ。今オフに中島が野球協約の制限を上回る減額提示を拒み、オリックス退団を決断すると「真っ先に自分の気持ちを伝えた」と原監督は明かした。

      「中島選手…、僕はいつも『ナカジ、ナカジ』と(呼んできた)。他球団であっても、なぜか人なつこい彼と会って話すのが楽しみで。メジャーに行ったときもメール、電話で『頑張れ』という間柄」。
      西武時代の中島に対戦相手でも惜しみなく助言を送り、日本代表を率いた2009年のWBCでは、経験のない2番打者に据え大会連覇。
      10年以上の相思相愛の末、「同じチームの一員になったことは大変満足」と顔を紅潮させた。

      溺愛ぶりの表れが、自由契約から拾った選手には破格といえる特別待遇の数々。「ナカジは5番が似合う」という直感から、今季加入のゲレーロが背負った「5」を説得して譲らせ、
      中島を「一ケタの番号をいただいて、驚きとうれしさでいっぱい」と感激させた。

      さらに「往々にして新チームになって張り切りすぎる。体に異状をきたすことがあっては困る」との心遣いから、
      「キャンプ、オープン戦で結果が芳しくないときでも、コンディションがよかったら必ず1軍からスタートさせる。
      一生懸命な義務感の中で練習しないでいいよ、ということは言った」と早くも開幕1軍確約を公言した。

      中島が主に守る一、三塁は、今季巨人の4番に定着した岡本、米大リーグ・パドレスで今季20本塁打の新助っ人ビヤヌエバらと、守備位置が重なる。
      だが指揮官は代打やバックアップ要員でなく、「中心選手として戦ってくれることを期待しています」と熱弁。
      中島が生まれた1982年に歌手デビューした原監督の名曲ばりに、「どこまでも愛」が止まらない。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000014-ykf-spo
      11/24(土) 16:56配信

    • 沢村、先発転向打診もリリーフ直訴 原監督「決意というものが伝わった」49試合 1勝6敗 4.64 52.1回55被安打

      沢村、先発転向打診もリリーフ直訴 原監督「決意というものが伝わった」49試合 1勝6敗 4.64 52.1回55被安打
      沢村、先発転向打診もリリーフ直訴

      1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/24(土) 11:12:22.31 ID:CAP_USER9
      巨人・原辰徳監督(60)が23日、沢村拓一投手(30)に“勝利の方程式奪回”指令を出した。
      指揮官は来季、右腕を5年ぶりに先発へ再転向させるプランを温めていたが、本人のリリーフ志願によって翻意。
      「自分の中での決意というものが私には伝わった。分かった。それでやってもらおう」と勝ちパターンに加わることを厳命した。

      沢村は今季、開幕からセットアッパーの一角としてフル回転したが、夏場を前に失速。
      シーズン終盤はリードする展開での登板機会は減少し、成績も49試合で1勝6敗、防御率4・64だった。
      原監督の先発転向案を受け、投手コーチ陣から打診を受けた沢村は「リリーフ、抑えとしてやらせていただきたい」と直訴したという。
      投手コーチから報告を受けた原監督は「先発の中で頑張ってもらおうかなと思っていたけど、じゃあいいでしょう。そうしようと」と本人の意を汲(く)んで、救援での起用を決めた。

      雪辱を期す背番号15が我を通したことを、意気に感じた。指揮官は言った。「やっぱり意思力がないと、そこにいいものは生まれてこない。こっちとしては力強い」。
      投手陣は終盤のセットアッパー陣から計算する原監督にとっても、16年には37セーブで最多セーブのタイトルも獲得した右腕の完全復活こそ悲願の一つだ。

      直訴したからには、沢村も退路を断つ思いで勝負する。
      「今後の野球人生を懸けてやりたい。もう一度そこ(勝利の方程式)に戻って、沢村で行こうと言ってもらえる所まで実力を持っていかないといけない」と意欲を燃やした。
      再びしびれる展開でマウンドに立ち、相手打線をねじ伏せる。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000011-sph-base

      澤村成績
      http://npb.jp/bis/players/81985133.html


    アクセスランキング