タグ:監督

    • 松井秀喜が今オフ巨人監督になる?露出増で待望論再燃

      松井秀喜が今オフ巨人監督になる?露出増で待望論再燃
      g

      1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)08:40:31
       第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)の第1日(5日)開幕戦・星稜(石川)-藤蔭(大分)の始球式に星稜OBで、米大リーグ・ヤンキースのゼネラルマネジャー(GM)付特別アドバイザーを務める松井秀喜氏(44)が登場。
      2002年のヤンキース移籍以降、生活の拠点を米ニューヨークに移しているが、今年は野球殿堂入りの表彰式に出席するなど、例年になく日本国内での露出が増えている。
      果たして、待望久しい巨人監督就任は実現するのか。


      (略)

       巨人の高橋由伸監督は3年契約最終年の今季も、首位広島に9・5ゲームの大差をつけられている(5日現在)。
      親会社読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆は「名監督だよ。(戦力を)もっと強化する」と擁護しているが、
      2位以下は大混戦で、仮に今季も4位以下なら、同一監督の下では球団史上初の2年連続Bクラス。
      そうなれば責任を問う声も噴出するだろう。

       「松井氏は今も最優先の監督候補であることに変わりはない」と言い切る読売グループ関係者もいる。
      今オフは松井氏の日本復帰の、絶好のタイミングになりうる。

      (中略)

       日本球界待望の松井氏の巨人監督就任。周辺の緊張感が例年になく高まっているのは間違いない。
      https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180807/spo1808070004-n1.html

    • 高橋由伸監督「悔しいです」

      高橋由伸監督「悔しいです」
      bandicam 2018-07-22 21-27-24-090

      1: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 21:45:30.47


      4: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 21:46:02.34
      ザブングル加藤かな?

    • 高橋由伸 高橋由伸 監督

      高橋由伸って2018年に入って感情取り戻してね?

      高橋由伸って2018年に入って感情取り戻してね?
      no title

      1: 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 03:12:47.56 ID:5pVWfHkA0USO
      なにがあったん

      3: 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 03:13:10.50 ID:5pVWfHkA0USO
      去年はオールスターくらいしか笑顔がなかった

      4: 風吹けば名無し 2018/04/01(日) 03:13:41.84 ID:v4/cZmoe0USO
      小林が打てば喜の感情が戻る

    • 高橋由伸 高橋由伸 監督

      由伸監督「インタビューで選手を責めたくない」

      由伸監督「インタビューで選手を責めたくない」
      1: 2017/01/04(水) 13:24:31.22 ID:ttsLovWZa
      もし、監督が「あのミスが大きかったですね」などというコメントをした場合
      選手はそれを記者あるいは新聞の文面を通して間接的に知ってしまう
      それは選手にとっては気持ちがいいものではないから、ああいう場では個々の選手のことは言わないと決めていたそうなんです
      no title

      no title

      2: 2017/01/04(水) 13:25:14.03 ID:ttsLovWZa
      ソースは週べの中居正広コラム
      金本聞いてるか?

    • 【朗報】由伸 はしゃぐ

      【朗報】由伸 はしゃぐ
      news

      1:   2016/12/25(日)12:55:57 ID:Yvs
      あれは4月26日からの甲子園遠征中、芦屋市内にあるチーム宿舎でのことだ。

       試合後、由伸監督が大浴場で坂本と並んで体を洗っていた。そこに亀井が入ってきた。“将”はすかさず後ろから水をかけた。「冷たっ! おい、はやとぉ~」。体をよじらせながらのカメは、とりあえず後輩を疑った。勇人は「僕じゃないですよ」と首を横に振り、ボスを指さした。「んっ?」ととぼける指揮官だが、最後はニヤッと笑った。

       選手から監督になった。「どうやって選手と接していくか。いきなり壁を作れと言われても無理だよ。徐々にだな」とスタートした。一方の選手側。特に1月の沖縄自主トレを共にしてきた亀井は「気軽に声をかけていいものなのか…」と悩んでいた。そんな両者の意見があったから、大浴場での“じゃれあい”には安心した。兄貴的だった由伸を確認できたからだ。

       だが、チームや個人の成績とともに、関係性は自然と変わっていった。

       5月29日、阪神戦後。東京Dの監督室に亀井が入ってきた。試合には勝ったが、その5番打者は4打数無安打。最近10戦で計23打数3安打と不振だった。顔は青ざめ、緊張から肩は震えていた。

       「監督、すみません。少し時間をいただけないでしょうか」

       自ら、2軍降格を申し出た。今のままでは力になれない―。兄貴と慕ってきたからこその苦しい胸中だった。指揮官は首を横に振った。

       「ダメだ。お前を戦力として考えている。歯を食いしばってやってみろ」

       1日の休養日を挟み、同31日のオリックス戦(京セラD)。男は4打数2安打と気を吐いた。試合後、指揮官は笑顔で、亀井の肩をポンっと叩いた。

       「いいのが2本も出たじゃないか。そうやって歯を食いしばってやるんだよ」

       監督と選手であろうと、どんな関係性でもいいはずだ。無理に壁を作る必要もない。由伸監督はこの1年、自分にしか出来ない長所を前面に押し出していた。そこに新しい和ができあがった。歴代の名監督にも作れなかった、夏のプールで見かけるような「温かな和」だった。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00000315-sph-base

      なんや名将やんけ!

    アクセスランキング